国見山に続く玄武岩の尾根

国見山に続く尾根を久し振りに登って見ました。ここは玄武岩の尾根で、植林ができずに自然林が残っています。山頂から少し下ったところに小さな沢がありました。ここはイノシシがほとんど掘り返していないので、カスミサンショウウオ・ブチサンショウウオ・タゴガエルの産卵地に適しています。産卵期の3月頃は楽しみです。
<玄武岩の尾根>
IMG_3392-550.jpg

<アカネズミのトンネル>
ネズミのトンネル-550.jpg

<巨大ヒラタケ>
巨大ヒラタケ (1)-550.jpg

<尾根を下ると小さな沢がありました。どこからわき出ているのか辿ってみました。玄武岩下層の火砕岩が不透水層となりそこから水が湧き出ていました>
湧水の最上部-550.jpg

<湧き水の近くの小石を起こしてみると。いました・・ホラアナミジンツボの1種(希少種)殻長15mm程>
ホラアナミジンニナの1種 (1)-550.jpg

<沢のそばには胸高直径30センチほどの立派なアカマツが3株ありました。海岸のクロマツはほとんどマツノザイセンチュウの被害で枯れています。アカマツは耐性があるのでしょうか>
アカマツ3個体-550.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント