北松浦郡佐々町のシカ

世知原町開作に関係した話題ではないのですが、長崎県北部(本土)では鹿町町・小佐々町・江迎町・佐々町にシカが生息しています。
分布域(フィールドサインの食痕や糞、定点カメラ)を調べていますが今のところ、佐々町より東へは入っていないようです。
放っておくと、イノシシと同様確実にこの辺りにも広がります。

県内の分布からみて自然分布ではなく、以前鹿町に有った動物園からの逸出だと思われます。秋になると鹿子模様がなくなるので外見からはニホンジカのようです。
日本に棲息するニホンジカはエゾシカ、ホンシュウジカ、キュウシュウジカ、マゲシカ、ヤクシカ、ケラマジカ、ツシマジカの7つの地域亜種に分類されています。
動物園由来なのでどの亜種か不明ですが、大きさからホンシュウジカもしくはキュウシュウジカではないかと思っていますが、雑種かも知れません。
いずれにしても、シカが増えると不可逆的な植生破壊が起きます。最も心配なのは固有植物の多い平戸へ分布を広げることです。

画像


動画をユーチューブにアップしています   https://youtu.be/oaz4R3YF22Q

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック