佐々川上流域の植物

ミズタビラコ(ムラサキ科)
本州から九州に分布する多年草。比較的明るい渓流沿いや谷筋などの水分の多い場所に生育し群生します。
国見山では佐々川沿いや林道の林縁などで見られます。
花期は5~6月でこの時期はおわりに近いです。
画像


ツチアケビ(ラン科)
ほぼ日本全土に分布する多年草。国見山では沢沿いの林で見られます。
腐生植物でナラタケに寄生。同様な腐生植物にムヨウラン・ウスギムヨウラン・タシロランなどがありますが、花茎が本種ほど大きくなる(1m)ものは他にありません。
10㎝ほどもある果実が熟するとアケビ(ウインナーソーセージの様)のように見えるところが和名の由来のようです。
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック