初夏の花

里地の初夏を代表的する花と言えばエゴノキやミズキなど落葉樹の花でしょう。これらが終わるとコガクウツギ・ハコネウツギ・ウツギ・ガマズミなどが咲きます。

画像

コガクウツギ(アジサ科)半日陰の場所に多く、甘い香りを放ちます。葉の色が日の当たり具合で紺色に変わることからコンテリギとも言われます。(ガクウツギも同じように呼ばれます・・この当たりには生育しません)

画像

ハコネウツギ(スイカズラ科)日当たりの良い場所を好みます。花は最初は白ですが次いでピンク、最後は赤くなります。
希に、花が終わるまで白いシロバナハコネウツギも見られます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック