アライグマとアナグマ

水辺(3台)と林(1台)の二つの環境にトレイルカメラを置いて無人撮影をしています。1台は暗くなるとストロボを使って静止画像を撮影し他は動画で夜は赤外線で撮影します。今回はストロボを使って撮影したものを紹介します。
購入してから7年経過していますので画像の鮮明度に難があります。
動画用のカメラは中国製ですが、値段の割りには良く映ります。
画像

最も多く映るのは帰化種のアライグマ(アライグマ科)です。好奇心が強いのか時々カメラを覗いているのが映っています。この写真は親子と思えるものです。

画像

次いで多いのがアナグマ(イタチ科)です。アライグマの個体数は多いと思うのですが、自宅近くで見たことはありません。しかし、アナグマは早朝などには時々見かけます。地面を少し掘って採餌しており、目が悪く人がかなり近づくまで逃げないことがあります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック