ニホンアマガエル

画像

(ミニバラの上でくつろぐ)

(アマガエル科)
最も親しまれているカエルでしょう。カエルは水辺に住むものと思われがちですが、ニホンアマガエルは森林での生活に適応しており、田んぼに入るのは繁殖期だけです。
世知原町では代掻きが終わった頃に田んぼに入り鳴き始めます。場所によっては大合唱になりますが、夜半頃にはピタリと鳴き止みます。
田植えが終わるといよいよ産卵を始めます、オスはメスの背中に抱きついて抱接します。抱接した状態で水面を泳ぎ、逆立ちしながら産卵・放精をおこない受精します。受精卵は細い寒天質のひもで数個ずつつながって水面を漂い、イネの茎にからみつきます。これが、田植えが終わらないと産卵しない理由です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック