朝の散歩・・ノスリ

(タカ科)
長崎県では冬鳥で10月の中旬頃に渡来します。農耕地でよく見られ、電柱やスギの頂きに止まっているのを良くみかけます。歩いているときはかなり近くを通っても逃げないのですが、写真を撮ろうと立ち止まりカメラを向けると飛び立ってしまいます。
図鑑等ではネズミやモグラなどの小ほ乳類の他に小鳥類も捕食するとされています。このような食性からノスリは鷹狩りに使えないので、「くそとび」や「まぐそたか」などと、可愛そうな名前で呼ばれていました。
市の中心街ではまず見られませんが、開作では普通に見られ、電柱の頂きに止まり水田や畑を注視しているのが見られます。
トビ(とんび)によく似ていますが、ノスリは全体に白っぽく、腹面は特に白っぽいので見分けは簡単です。鳴き声はピィー(鹿の声に似ています)と聞こえトビのピーヒョロロとは異なります。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック